ビデオ信号発生器 Model 2234

  • CE Mark
ビデオ信号発生器
特長
  • マルチメディア オーディオ/ビデオ 再生フォーマット
  • 1080p 高解像度サポート
  • マルチポート出力
    • HDMI出力 ポートx3
    • ディスプレイポート 出力 x2
    • SCART ポート (出力 x1/入力 x1)
  • ディスプレイポート 1.1a ピクセルレート 270MHz
  • ディスプレイポート HDCP V1.3
  • ディスプレイポート 機能 自動 手動設定
    • 2 Link rate (1.62 /2.7Gbps) 選択可能
    • 1、2、4 ビデオレーン 選択可能
    • 0 / 3.5 / 6 / 9.5dB プリエンファシス 選択可能
    • 400 / 600 / 800/ 1200mV 振幅レベル 選択可能
  • HDMI V1.3c (24,30,36 ビット color depth /xyYCC /CEC / Lip Sync) 対応
  • DVI デュアルHDCP サポート
  • HDCP 自動/手動モード
  • HDMI ディスプレイポート マルチプレクサ機能
  • HDCP ON/OFF 機能
  • Y, Pb, Pr/Y, Cb, Cr/Y, R-Y, B-Y 出力
  • S -Video / CVBS / SCART / RGB / Color Component / D-端子
  • NTSC / PAL / SECAM 信号
  • EDID読込/書込/比較機能
  • 光 / 同軸オーディオ入力 (SPD IF)
  • スクロールパターン
  • 中国向けHD標準パターン内臓
  • HDMI/DVI ホットプラグ機能

 (2234


2234は高速の信号変換機能を持ち、高解像度の品質を持つ複数のビデオ出力は液晶モニタ/液晶TV/PDP/プロジェクタなどマルチメディアのビデオテスト要求に対応できる機器です。

アナログとデジタル信号を両方供給出来るうえ、個別の複数の出力やマルチメディアのアプリケーション再生用オーディオ、ビデオフォーマットにも対応します。デジタル出力は330MHZまでのTMDSピクセルレートでUXGAを超えるスクリーン分解能をに対応します。更に、DVIデユアルHDCPのテストで高い周波数信号に対応する為、DVIのDualLink検査アプリケーションもサポートします。

2234は、最新の高解像度マルチメディアデジタルビデオ変換インターフェイスを内蔵しており、高速の帯域と色の深さを提供する為のHDMI V1.3に対応、24, 30, 36bit (RGB又はYCbCr) と新しい色の規格であるSYCCに加え、xvYCCやAdobe RGB Adobe YCC(CEA-861E)を自然な色と高解像度の画像を実現するパターンジェネレーターです。

ディスプレイポートは、VESAによって定められた最新のビデオ出力インターフェイスです。その信号伝送は、主にメインチャンネルの圧縮、AUXチャンネルとホットスワップ(HPD)の3種類の信号です。メインチャンネルは4つのレーンで形成され(1、2、4レーン)各レーンは2.7Gbps、又は1.62Gbpsの転送レートをサポート出来ます。最大10.8Gbpsまで4レーンによって転送可能です。

DPCD(DisplayPort Configuration Data)はディスプレイポートのメイン機能で、SourceとSink間の通信ブリッジのように働きます。

レーンやメインリンクレートなどの各パラメータを、自動又は手動で調整可能です。ディスプレイポートでは信号の減衰が長距離伝送の間にも起こり得ますが、プレエンファシスとスイングレベルも調整可能です。

加えて2234はディスプレイとコンポーネント間で起こるEMIを大きく減らす事が出来るSSC(Spread Spectrum Clock:EMIを取り除く技術)のテストをサポートし製品設計を楽にします。

複数の検査を行うアプリケーションに対しては1080pまでの解像度で再生できるオーディオ/ビデオそしてパターンファイルのフォーマットをサポートしています。更に、マルチポート出力の検査アプリケーションに対応する為に、個別に出力設定が実行可能な3つのHDMIと2つのディスプレイポートを実装し、検査時間を大幅に短縮することが出来ます。

2234はフルカラーのグラフィックインターフェイスや内臓の大容量メモリで多くの特別なテストパターンであるxvYCC、HDCP&E-EDID、8/10/12bit Deep Color、CEC、Lipsyncや中国国内用のHigh Definitionテストパターンなどを保存する為に実装しています。テストはすばやく出来、時間とコストを抑えることが可能です。

リモートコントローラー(オプション)を用いることにより、パネル操作をより簡単に行え、生産ラインなどでのアプリケーションに対応が出来ます。更に、様々なタイミングパラメーターやテストパターンをPC側のVPGMasterアプリケーションから編集を行うことが出来ます、簡単な操作インターフェイスと完全なテスト機能が、R&D、品質保証、生産の分野で使用できます。


製品お問合せ

仕様は予告なく変更される事があります。
選択
型番
詳細

ビデオ信号発生器

リモートコントローラ

USBディスク1GB