eDP 信号 パターンジェネレータカード Model 27010P-04+A270152

eDP信号パターンジェネレータカード
eDP信号パターンジェネレータカード
eDP信号パターンジェネレータカード
特長
  • VDDはOCP, OVP, UCP, UVPの各保護機能をサポート
  • VBLはOCP, OVP, UCP, UVPの各保護機能をサポート
  • RS-485を介してPCと通信
  • バーンイン (エージングテスト) ログはV/I測定値とバーンイン時のマシンステータスの詳細を記録可能
  • eDP 1.4 に準拠
  • 1, 2, 4 レーン eDP 出力をサポート
  • 7タイプのレーンレートを定義したeDP v1.4 をサポート (1.62Gbps / 2.16Gbps / 2.43Gbps / 2.7Gbps / 3.24Gbps / 4.32Gbps /5.4Gbps).
  • マニュアル/オートマティックのトレーニングモードをサポート
  • プリエンファシスの設定をサポート (0dB / 3.5dB / 6dB / 9.5dB)
  • 6, 8, 10 ビットに対応
  • VDDには過電圧/過電流保護を提供
  • 2 セットの独立した AUX と HPD チャンネルをサポート
  • 出力はESD保護を装備

27010P-04は、バーンインテストに主に使用される信号モジュールです。 27010P-04は、RS-485を介してPCとともに使用することができ、バーンインを操作するためのパネルを提供することができます。

また、A270152は、eDP 1.4に準拠した eDP 5.4G 信号モジュールボードです。 A270152は、メインユニットである27010P-04とともに使用することにより、eDPパネル標準信号や制御を提供し、eDPバーンインテストに適応することが出来ます。

操作ガイド

  • STEP 1  Signal/VDD/VBL ケーブルを接続します
  • STEP 2  RS-485 cableの一方をメインユニットPC, もう一方をhub (A270107)と接続します。
  • STEP 3  直流電源 (16V)と接続し、パワーオンします。

製品お問合せ

仕様は予告なく変更される事があります。
選択
型番
詳細

eDP 信号 パターンジェネレータカード