フォトカプラ製品向部分放電試験器 Model 19501-K/19500 Series

  • CE Mark
フォトカプラ製品向部分放電試験器
フォトカプラ製品向部分放電試験器
フォトカプラ製品向部分放電試験器
特長
  • AC耐圧試験&部分放電検出機能搭載
  • AC耐圧電圧:0.1KVac~10KVac
  • 高精度及び高分解能電流測定:0.01uA~300uA
  • PD(部分放電)検出範囲:1pC~2000pC
  • 高電圧コンタクトチェック機能(HVCC)
  • IEC60747-5-5、IEC 60270-1、VDE 0884規格準拠
  • IEC60747-5-5規格試験手順プログラム済み
  • 3段階の電圧テスト機能 
  • PD測定結果表示(pC)
  • PD欠陥カウント機能(1~10)
  • 分かりやすいGUI
  • USBにデータ、表示画面保存可能
  • 多言語対応(繁体字/簡体字/英語)
  • 標準インターフェース:USB、LAN、RS-232、ハンドラ

フォトカプラ・リレーの耐圧部分放電試験

Chroma 19501-K フォトカプラ用部分放電試験器は、AC耐圧試験と部分放電検出機能を備えた装置で、0.1kV〜10kVのAC出力、0.01µA〜300µAのリーク電流、1pC〜2000pCの部分放電検出範囲で測定します。高電圧半導体コンポーネントおよび高絶縁材料の試験にむけて設定された試験器です。

IEC規格に準拠した試験が可能

19501-Kの製品設計は、IEC60270-1規格、特に高電圧の部分放電試験要件に準拠しています。狭帯域測定技術を採用してPDテストを実行し、測定結果をpCで表示することで、デバイス(DUT)テスト結果を分かりやすくしています。

IEC60270-1に加えて、19501-KはIEC60747-5-5およびVDE0884にも準拠しています。IEC60747-5-5ではフォトカプラの製造テスト要件を満たし、簡単な操作でテストを実行することが出来ます。

独自コンタクトチェック機能で生産性向上

生産ラインで高電圧試験を行う時、DUTがテストケーブルに正しく接続されていない場合、テストが失敗したり、スキップされる危険性があります。したがって、DUTとテストケーブルが正しく接続されていることを確認することが重要です。クロマ独自の高電圧コンタクトチェック(HVCC)は、ケルビン測定を使用して、高電圧出力の高絶縁コンポーネントのコンタクトテストを実行し、同時にテストの有効性と生産性を向上させます。

部分放電を検出し、安全性を確認

固体絶縁体では、絶縁層にエアギャップ(微小な空間)や不純物が混入していると、定格高電圧下ではそれらを中心とした高電界強度の部分放電が発生します。継続的な部分放電は周囲の絶縁材を劣化させ、製品の長期信頼性に影響を与え、安全上の問題となります。

部分放電によるフォトカプラなどの電力システムで使用される安全部品の長期的な損傷は、絶縁不良を起こし、潜在的な危険を抱えることになります。

ただし、IEC60747-5-5規格では、通常の動作環境では部分放電が発生しないように、製造工程での部分放電試験(ルーチン試験)は100%実施し、最大絶縁電圧下で5pC以下の放電容量にしなければならないと規定されています。

19501-Kによって高電圧フォトカプラ、高電圧リレー、高電圧スイッチなどの高絶縁耐力部品の高電圧テストと部分放電検出を行い、製品の品質と信頼性を保証します。


製品お問合せ

お問合せしたい製品を選択し、下記の「お問合せカート」をクリックしてください。
一回で多数項目の製品を選択でき、右側にあるお問合せカートのマックをクリックし、手続きを完了します。

仕様は予告なく変更される事があります。
選択
型番
詳細

フォトカプラ製品向部分放電試験器