プログラマブル交流電源(多機能電源) Model 61500 Series

プログラマブル交流電源(多機能電源)
プログラマブル交流電源(多機能電源)
プログラマブル交流電源(多機能電源)
プログラマブル交流電源(多機能電源)
特長
  • 単相/三相切換式(61507~)
  • 電圧/周波数スルーレート設定が可能
  • OCP/OPP値設定が可能
  • 定格出力電流の4倍~6倍ピーク電流に対応
  • 電圧出力ON/OFF位相角設定が可能
  • 電圧変化による同期TTL信号
  • 電源ライン異常シミュレーション用にLIST、PULSE、STEPの3モード搭載
  • 電圧ディップ、瞬断/瞬停など多彩な電圧シミュレーション機能
  • 高調波および次数間高調波機能
  • 電圧/電流/周波数などの測定機能
  • アナログ制御用入力インターフェースを準備
  • リモートインターフェース:GPIB、RS-232、USB、Ethernet
  • マスタースレーブ運転による最大90kVA出力
  • 出力インピーダンス設定機能

 モデルと仕様

モデル 61501/ 61502/ 61503/ 61504/ 61505 61507/ 61508/ 61509 61511/ 61512
定格出力 500VA/ 1kVA/ 1.5kVA/ 2kVA/ 4kVA 3kVA/ 4.5kVA/ 6kVA 12kVA/ 18kVA
出力相 単相 単相/三相切換式 単相/三相切換式
電圧範囲 0~150V/ 0~300V/ Auto 0~175V/ 0~350V/ Auto 0~150V/ 0~300V/ Auto
周波数範囲 DC. 15Hz~1kHz DC. 15Hz~2kHz (5kHz Option) DC. 15Hz~1.5kHz
並列接続 不可 2台まで(最大12kVA) 5台まで(Max 90kVA)
カタログ Download Download Download

 製品概要

現在のパワーエレクトロニクス製品のテストにおいて、広範囲の電源ライン条件をシミュレートできる高性能な交流電源が必要です。61500シリーズは単相/三相に関わらず、電源ライン条件の正確なシミュレーションと製品特性を評価するための電気的特性を測定することができます。61500シリーズの多彩な機能により研究開発や設計検証、品質保証、量産の上流下流それぞれのフェーズに対応することができ、産業セグメントにおいてもパワーエレクトロニクス、航空電子工学、軍用、および規格試験など包括的なアプリケーションに最適です。

最先端のPWM技術により50/60Hzで0.3%以下の高調波歪みに抑え、正確な正弦波形出力が可能です。さらにRMS電圧、RMS電流、有効電力、力率、クレストファクタなどの計測が可能です。また、DSP技術によりLIST、PULSE、STEPモードによる電力ライン異常(PLD)シミュレーションを簡単に行うことができます。

電源試験に必要な高調波成分および次数間高調波の波形を作成することができ、被測定物(UUT)の共振点を見つけるために大いに役に立ちます。

電源波形をシミュレートするために、任意の信号発生器によって生成されたアナログ信号を入力するためのアナログ入力を搭載しているため、現場で観測された固有の波形を複製することができます。その他、ユーザーフレンドリーなインターフェースによって、大型LCDディスプレイを採用した操作パネルによって61500シリーズのもつ様々な機能にすばやくアクセスできます。リモートコントロールインターフェースはGPIB(IEEE488.2)、RS-232、USB、イーサネットを準備しています。

 優れた測定技術と見やすいディスプレイ

61500シリーズは、RMS電圧、RMS電流、有効電力、皮相電力、無効電力、力率、クレストファクタ、ピーク電流、突入電流など、電気的特性の評価に必要な数値を測定するために16ビット測定回路と内部ファームウェアを搭載しています。DSP技術によりは総高調波歪みや次数間高調波を測定することができます。LCDディスプレイにWaveform Viewer機能を使用して電圧と電流の測定波形を表示することもできます。

 電源ライン異常(PLD)シミュレーション

61500シリーズは安定化電源として優れた能力を持っているだけではなく、あらゆる種類の電源ラインの異常をシミュレートする機能を持っています。 STEPモードとPULSEモードでは、1ステップまたは連続ステップでの出力電圧及び周波数の変更を簡単に実行できます。出力の変更はプログラムか外部信号をトリガーにして行います。これにより、サイクルドロップアウト、過渡電圧スパイク、ブラウンアウトなどの電源ライン異常を簡単にシミュレートすることができます。LISTモードは機能を最大限に活用し、異なった試験開始/終了条件、出力条件を100シーケンスまで登録でき、さらにIEC 61000-4-11、IEC 61000-4-14、IEC 61000-4-28、IEC 61000-4-29規格の事前試験を行うことも可能で、あらゆる種類の電圧ディップ、瞬断/瞬停、および変動波形をシミュレートできます。

 電圧、周波数スルーレート設定

クロマの交流電源では電圧と周波数のスルーレートが設定できます。この機能はUUTの入力電力の動作範囲を確認するのに役立ちます。例えば90V、115V、230V、264Vのようにいくつかの点の動作を確認するのではなく、90Vから264Vまで徐々に電圧を上昇させるように設定することで連続的に動作を確認することができます。 さらに、モータ始動またはUUTの電力上昇中の突入電流を低減するために、スルーレート設定を低く設定することができます。

 歪み波形と高調波、次数間高調波合成

従来型の交流電源は正弦波しか出力できないため、歪み波形と入力電圧の異常状態をシミュレートすることは難しく、最新の規格に必要な試験を行えませんでした。61500シリーズのWAVEFORM機能では矩形波、クリッピングされた正弦波、30個の保存された歪み波形を設定することができます。さらに、IEC 61000-4-13規格に準拠した非周期的な高調波歪み波形を生成することができます。

61500シリーズは50Hzまたは60Hzをベースに50次までの高調波を合成できます。出力波形は周期的な高調波歪み波形になります。また、基本周波数に高調波次数間の成分を合成する次数間高調波合成機能を搭載しています。これはUUTの共振点または最も共振しやすい点を見つけるのに役立ちます。61500シリーズは高度なDSP技術を使用して高調波と次数間高調波の波形を合成することが可能です。以上により、周期的な高調波および非周期的な高調波歪みの波形を生成してIEC 61000-4-13に準拠した試験を行うことが出来ます。

 単相出力、三相出力

61507/61508/61509、61511/61512はアプリケーションに応じて単相出力または三相出力に変更することが可能です。出力モードはフロントパネルで簡単に選択できます。単相出力構成でもディレーティングなしに最大電流の出力が可能です。

61501/61502/61503/61504/61505は、三相出力アプリケーション用に3台を接続することによって三相モードで運転することができます。

 並列運転機能

61501/61502/61503/61504/61505を除く61500シリーズ(マスター/スレーブ)は並列機能を使用することでより多くの電力容量を出力することができます。61507/61508/61509は61507/61508/61509/61607/61608/61609を最大2台で運転することができます。例えば61509 6kVA2台を接続して12kVAの出力を、61509と61607に接続して、9kVAの出力を得ることができます。

さらに高い電力を必要とする場合は61511/61512を61511/61512/61611/61612/A615103(スレーブ専用ユニット)と最大5台並列接続することができます。例えば61511 12kVA2台を接続して24kVAの出力を、61512 18kVAとA615103 18kVA2台を接続して54kVAの出力を得ることができます。

 ソフトパネル

クロマのソフトパネルは、PCを介したグラフィカルインターフェースで本シリーズを制御するのに非常に便利なソフトウェアです。プログラマブル交流電源の多くの機能をソフトパネル上で編集することが出来ます。波形の編集やデータの記録だけでなく測定データを表示することも可能であり、必ずしも本シリーズ本体の近くに居なくても自由にコントロールすることができます。またIEC 61000-4-11、IEC 61000-4-13、IEC 61000-4-14、IEC 61000-4-28、IEC 61000-4-29などIEC規格に準拠した試験を数クリックで簡単に実行できる便利な機能も搭載しています。

 5kHz Output Frequency Function (Option)

Model 61507/61508/61509 AC source can provide 5kHz output frequency function by option. Furthermore, there’s different High / Low output voltage range when using with 5kHz option. The details are shown below.


製品お問合せ

仕様は予告なく変更される事があります。
選択
型番
詳細

プログラマブル交流電源(多機能電源)

交流電源 0-300V/15-1KHz/500VA, 1ø

交流電源 0-300V/15-1KHz/1kVA, 1ø

交流電源 0-300V/15-1KHz/1.5kVA, 1ø

交流電源 0-300V/15-1KHz/2kVA, 1ø

交流電源 0-300V/15-1KHz/4kVA, 1ø

交流電源 0-350V/15-2KHz/3kVA, 1ø or 3ø

交流電源 0-350V/15-2KHz/4.5kVA, 1ø or 3ø

交流電源 0-350V/15-2KHz/6kVA, 1ø or 3ø

交流電源 0-300V/15-1.5kHz/12kVA, 1ø or 3ø

交流電源 0-300V/15-1.5kHz/18kVA, 1ø or 3ø

61501~61505用リモートインターフェース(外部電圧入力、RS-232、GPIB)

61500/61600/61700用リモートインターフェースボード(LAN、USB)

61500/61600用交流電圧トランスフォームユニット

61500/61600用ソフトパネル

61500/61600用直流ノイズフィルタ(最大16A)

61511/61512/61611/61612用18kVAスレーブユニット, 1ø or 3ø

61511/61512/61611/61612/A615103用並列出力入出力端子ユニット(2台用)

61511/61512/61611/61612/A615103用並列出力入出力端子ユニット(3台用)

61511/61512/61611/61612用逆潮流保護装置

61507/61508/61509用5kHz周波数出力オプション [要問合せ]