PXIe プログラマブル高速デジタルIOカード Model 33010

  • PXI Systems Alliance
PXIeプログラマブル高速デジタルIOカード
PXIeプログラマブル高速デジタルIOカード
特長
  • PXIeバス接続
  • 最大周波数:100MHz
  • チャンネル数:32
  • 1メインフレームにつき最大256チャンネルまで拡張可能
  • ボート毎にシーケンサ搭載(マルチタイムドメインに対応)
  • 8チャンネル双方向制御(Pin毎またはサイクル毎)
  • ピン毎の時間と周波数測定
  • ピン毎のDCレベルとPMU
  • 16種類のタイミングをオン・ザ・フライ変更
  • 64Mシーケンサコマンドメモリ/Pin
  • 64Mベクトルメモリ/Pin
  • スキャンパターン機能に対応
  • 動作保証OS:Windows7/10
  • LabView、Lab Windowsに対応
  • 独自のソフトウェアツールCRAFT_PXI(オプション)
  • Board chaining用のマスタースレーブ運転
  • 3380D/3380P/3380シリーズと同様のパターンとタイミング構造
  • 追加電源(オプション)

アプリケーション

  • 半導体
  • LED/レーザーダイオード
  • ソーラーセル
  • バッテリー/BMS
  • トランジスタ
  • 車載電装品
  • 航空製品
  • パワーエレクトロニクス
  • センサ/IoT

33010は、様々なデジタルおよびミックスドシグナルICの特性評価、検証、テスト用に設計されているデジタルIOカードです。各IOカードは、シーケンサパターンジェネレータ(SQPG)と32チャンネルの自動検査システムと似た機能で構成されており、1メインフレームに最大256チャンネルまで拡張可能です。33010のユニークな機能には、ボード毎のSQPG、Pin毎のタイミング/レベル/PMU/TFMU、マルチタイムドメイン、複雑なICテストのためのマルチスレッドテストなどがあります。また、各チャンネルには64Mのベクトルメモリ、オン・ザ・フライでのタイミング変更が可能な16種類のタイミング、最大400MHzまで可能なピン毎のタイミングと周波数測定機能を搭載しています。

 独自のソフトウェアツール"CRAFT_PXI"と多彩なソフトウェアサポート

LabViewとLabWindowsのサポートに加えて、CRAFT_PXIという独自のソフトウェアオプションを提供しています。CRAFT_PXIには、プロダクションツールとユーザーデバッグツールが含まれています。プロダクションツールには、"Operator Interface"、"Test Data Output"、"Binning and Sequence Control"、"Wafer Map"、"Summary Tool"、豊富なプローバ・ハンドラドライバを、ユーザーデバッグツールには、"Data Logger"、"Debug Plan"、"TCM"、"SHMOO"、"Pattern Editor"、"Waveform"などが含まれています。CADからATEへのパターン変換ツールもサポートしており、WGL/STIL/VCD/EVCD変換に対応しています。

 新興市場のニーズに対応し、コストパフォーマンスに優れる

33010は、自動検査システムPinエレクトロニクス(PE)カード機能と似た機能、拡張可能なチャンネル数、豊富なソフトウェアサポートセットを備えており、ユーザーが新興市場と試験コストの課題を解決するのに役立ちます。33010は、RFカード、SMUカード、ミックスドシグナルカードなどの他のPXI/PXIeソリューションと組み合わせて使用することができ、MCU、センサ、RF IC、PMIC、複合機能ICなど、様々なアプリケーションに対応できます。


製品お問合せ

お問合せしたい製品を選択し、下記の「お問合せカート」をクリックしてください。
一回で多数項目の製品を選択でき、右側にあるお問合せカートのマックをクリックし、手続きを完了します。

仕様は予告なく変更される事があります。
選択
型番
詳細

PXIe プログラマブル高速デジタルIOカード

PXIe 追加電源, 15V(オプション)

Demo Board(オプション)

PXIe Platform