PXIe ユニバーサルリレードライバコントローラモジュール Model 33011

  • PXI Systems Alliance
PXIeユニバーサルリレードライバコントローラモジュール
特長
  • PXI-eベースの半導体ロードボード向ユニバーサルリレーコントローラ
  • 32チャンネルダイレクトリレードライバ
  • 2レーンSPIリレーコントロールインターフェース
  • リレーコントロール用電圧:5V@100mA
  • ロードボード周辺機器用電圧:5Vまたは3.3V@0.6A/±12V@0.75A 
  • ロードボード実装のEEPROM用2ポートSPIインターフェース
  • 外部トリガ入力および高速テスト同期用出力
  • 半導体テストに適したソフトウェアCRAFT-PXIe(オプション)
  • LabViewとLab Windowsに対応
  • Board chaining用マスタースレーブ運転
  • 3380シリーズと同様のパターンとタイミング構造

アプリケーション

  • MCUと民生用SoC
  • MEMS&センサ:光センサー、温度センサー、圧力センサー、磁気センサー、ジャイロ、加速度計、自動車用48V電源システム
  • RF:スイッチ/フロントエンドモジュールIC、コネクティッド製品(Bluetooth、WiFi、Comboなど)、モバイルIC

 あらゆる種類の半導体コンポーネントテストに対応

半導体技術の進歩に伴って世界は変化していきます。AIと5Gが繋がり、自動運転とビッグデータ解析が繋がり、携帯機器にすべての情報が集約される時代です。半導体テストシステムは、あらゆる種類の機能を小さなシステムに統合する必要があり、新しい時代のエレクトロニクスへと変革する必要があります。PXIベースのプラットフォームは、新しい時代のニーズを満たすための方向性を示しています。クロマのPXIe半導体テストソリューションは、様々なサプライヤの機能的な計測モジュールを統合しながら、半導体テストを実行するための環境を提供します。

 ロードボードに必要な機能をすべて備えたPXIeモジュール

ロードボードは、半導体テストシステムにおいて最も重要なインターフェースです。ロードボードには、電源LEDの点灯、実際のアプリケーション環境のシミュレーション、コストを考慮したマルチプレックス、データロギングのためのデバイスからの出力記録など、様々なアプリケーションに対応するために、様々なコンポーネントが追加されています。33011は、リレー、DCソースのセット、SPIチャンネル、トリガ信号など、ロードボード上で制御可能なすべての機能を提供します。複数のPXIeカードを購入する必要はなく、ロードボードを管理するためだけにリソースを使う必要もありません。PXIeスロットを節約して、より多くのテストサイトを増やすことができます。

 独自のソフトウェアツール"CRAFT"と多彩なソフトウェアサポート

LabViewとLabWindowsのサポートに加え、独自のソフトウェアツールCRAFTを提供しています。CRAFTは、テストプログラムの開発からデバッグ、プロダクション、メンテナンスまで、半導体テストに必要なツールを網羅しています。プロダクションツールには、"Operator Interface"、"Test data output"、"Binning and Sequence Control"、"Wafer Map"、"Summary Tool"と豊富なプローバ/ハンドラドライバを含み、デバッグツールには、"Data log"、"Plan Debug"、"TCM"、"SHMOO"、"Pattern Editor"、"Waveform"など、その他サブセットを含みます。また、WGL/STIL/VCD/EVCD変換に対応したサードパーティ製CAD→ATEパターン変換ツールにも対応しています


製品お問合せ

仕様は予告なく変更される事があります。
選択
型番
詳細

PXIe ユニバーサルリレードライバコントローラ, 32ch