マルチチャンネル耐圧試験器 Model 19020 Series

  • CE Mark
  • Rohs 2 Compliant
マルチチャンネル耐圧試験器
マルチチャンネル耐圧試験器
マルチチャンネル耐圧試験器
特長
  • マルチチャンネル(10ch)同時出力可能
  • AC耐圧/DC耐圧/絶縁抵抗試験可能な3in1耐圧試験器
  • マスター/スレーブ制御により10台まで接続可能
  • プログラマブルによる電圧出力と制限値設定可能
  • オープン/ショート検出機能(OSC)
  • 電気フラッシュオーバー検出機能(Flashover)
  • 耐圧試験:AC 5kV、DC 6kV
  • 絶縁抵抗試験:1MΩ~50GΩ
  • RS232/Handler/GPIB インターフェース(標準装備)
  • 大型液晶ディスプレイパネル採用
  • パネルロック機能
  • CE認証

アプリケーション

  • 電源コード
  • キャパシタ
  • 抵抗器
  • スイッチ
  • コネクタ
  • トランス
  • 充電器
  • アダプタ

19020シリーズ


効率的な耐圧テストソリューション

耐圧試験は、電気安全テストの主要なテスト項目の1つです。トランス、コンデンサ、電源、充電器、家電製品を含むすべての電気部品と製品には耐圧試験が必要です。電子計測器開発で30年以上の経験を持つクロマは新しいアーキテクチャを備えた19020を開発しました。すべてのチャンネルの耐圧漏れ電流を同時に測定し、マスタースレーブ接続により10台接続することで最大100個のDUTを同時にテストできます。19020はマルチチャンネルのため耐圧試験器を購入する必要がないため、生産ラインのスペースを大幅に節約します。マルチチャンネルテストにより、電気安全試験の効率が向上します。製造工数を削減し、耐圧試験のみを必要とする製品のテストリスクを軽減します。19020にはフラッシュオーバー検出およびオープンショットチェックなどの強力な機能もあります。いくつかの国際特許により、信頼性の高い試験品質を提供するだけでなく、非常に効率的なテストプラットフォームを作成するため、規格の電気的耐圧試験に最適な製品です。

世界初の同期可能な耐圧試験(特許取得済) 

19020には世界初の同期耐圧試験機能が搭載されています。1台のユニットで同期した出力/測定で同時に10チャンネルを操作できます。さらに最大10ユニットを接続したマスタースレーブ運転により、合計100チャンネルを使用できます。これらを出力用にグループ化して、テスト中の隣接DUTによる電圧差の発生を回避し、生産性を向上させることができます。

対応アプリケーション 

19020をさまざまな電気製品の耐圧試験に対応しており、品質保証サンプリング、生産ラインテストおよび以前は工数のかかっていたその他のテスト要求をサポートします。

 同期耐圧試験

複数のDUTに耐圧試験を行う際に頻繁に発生する問題の1つに、電圧出力を同期できないことが挙げられます。生産ラインまたはプラントの自動化を計画する場合、設備は多くの場合最小化され、スペースが最適化されます。その結果、2つのDUT間の距離は通常、非常に狭くなります。たとえば、5kVacの出力電圧を使用して、耐圧試験器の出力が同期されていない場合、2つのDUTは高電圧差(最大14kV peak-peak)の放電を引き起こす可能性があります。これにより、治具(フィクスチャ)が破損し、誤った試験結果が作成される危険性があります。19020は出力信号を同期し、隣接する2つの端の大きな電圧差を防ぎます。これにより、生産設備の寿命が延びるだけでなく、誤判断の発生を減らすことができます。

 フラッシュオーバー検出

他のクロマ電機安全試験器と同様に、19020にはフラッシュオーバー検出機能があります。 フラッシュオーバーは絶縁材の内部または表面の高電界によって発生する放電であり、DUTの絶縁特性が失われ、一時的または不連続的な放電が形成されます。炭化した導電性経路を発生させたり、試験対象の製品に損傷を与えたりする危険性があります。漏れ電流を監視するだけではフラッシュオーバーを検出できません。検出は電気安全性試験に最も不可欠な試験項目の1つであるため、試験電圧または漏れ電流の変化率も監視してフラッシュオーバーを特定する必要があります。

 オープン/ショートチェック(OSC)

OSC機能は、試験中にオープン(接続不良)またはショート(DUT短絡)エラーをチェックします。試験中にDUTに開回路がある場合、ユニットは良い製品と誤判定される危険性があります。 DUTに短絡がある場合、OSC機能はそれを早期にフィルタリングして治具(フィクスチャ)の損傷を減らし、試験コストを節約できます。

一般に、耐圧試験中の製品には静電容量(CX)があります。 通常の動作条件では、CXは数十pFから数μFになります。 回路接続が中断されると、通常10pFより低い小さな容量(図6のCc)が破損したインターフェースに形成されます。 これにより、製品の静電容量全体が通常の値よりも低くなります。 製品が短絡している場合、もしくは短絡に近い場合、製品の静電容量は通常よりも高くなる場合があります。したがって、静電容量の変動の上限/下限を使用して、短絡エラーを特定できます。

 アプリケーション

19020は、さまざまな電気部品および製品の試験に使用できます。 マルチチャンネル耐圧試験として、複数のDUTを一度に試験可能で下記のアプリケーションに最適な製品です:

  • 電源コードおよび自動化デバイス用ケーブル製品
  • 自動化デバイス用キャパシタ及び抵抗器
  • スイッチ、コネクタ用絶縁試験
  • 複数ピンもしくは複数ユニットのトランスの一試験化
  • 充電器およびアダプタの生産設計

19020は、3ウェイスキャナー190201とともに、3つの耐圧試験を一度に終了できます。2端子インダクタを例にとると、DUTの試験時間内に次の3つの耐圧試験を一度に実行できます。

  1. Primary - secondary間耐圧試験
  2. Primary - core間耐圧試験
  3. Secondary - core間耐圧試験

またトランス、電源アダプタ、コモンモードチョークなどにも対応しますer, common mode choke and more.

さらにクロマは多様な試験に対応するため様々な治具(フィクスチャ)やアクセサリをラインアップしています。まずはお問い合わせください。


製品お問合せ

仕様は予告なく変更される事があります。
選択
型番
詳細

マルチチャンネル耐圧試験器

マルチチャンネル耐圧試験器 (ACWV, DCWV, IR)

マルチチャンネル耐圧試験器 (ACWV, DCWV, IR / 4CH)

マルチチャンネル耐圧試験器 (ACWV)

マルチチャンネル耐圧試験器 (ACWV / 4CH)

マルチチャンネル耐圧試験器 (DCWV, IR)

マルチチャンネル耐圧試験器 (DCWV, IR / 4CH)

マルチチャンネル耐圧試験器 (8kVAC / 4CH)

19インチラックマウントキット

3-way Scanner Box (10CH)

3-way Scanner Box (4CH)

19020シリーズ 耐圧試験器 ソフトウェア

* HV cable is option for customize requirement