高周波LCRメータ Model 11050 Series

  • CE Mark
高周波LCRメータ
高周波LCRメータ
高周波LCRメータ
特長
  • 測定パラメータ:L/C/R/Z/Y/DCR/Q/D/θ
  • 測定周波数:
    • 60Hz~5MHz(11050-5M)
    • 1kHz~10MHz(11050)
    • 75kHz~30MHz (11050-30M)
  • 測定信号レベル:10mV~5V
  • 基本確度: ±0.1%
  • 測定スピード: 7ms(Very Fastモード)
  • 3つの出力インピーダンスモード
  • コンパレータおよびBIN分類機能
  • オープン/ショート補正機能
  • コンタクトチェック/ロード機能
  • テスタ本体とディスプレイの分離設計
  • EXT I/O(ハンドラ)、RS-232C、USB (保存用)、外部バイアス電流制御端子 (クロマ 1320用) を標準搭載
  • オプションのバイアス電流源0〜5A/20A(100kHz〜10MHz)
  • GPIB、LANをオプションで搭載可能

11050


11050は、正確、高速に受動部品を評価するために設計された次世代のLCRメータです。R&D、生産ライン、検査等、様々な場面に柔軟に対応できる優れた性能/機能を備えています。

高周波対応

1kHz10MHzという高周波で、広範囲の周波数カバーしています。このためパワーインダクタのよう測定に求められる周波数範囲が高い部品に対しても対応が可能です。

高速、高確度

15ms(fastモード)という高速測定、および±0.1%の基本確度を有しています。これによりタクトタイムを短縮し生産性を上げることが可能になります。

ディスプレイとテスタが別筐体

ディスプレイとテスタ本体が分離可能な構造となっていますので設置の自由度が高まります。例えばテスタ本体を被測定物の近くに設置し、短いテストケーブルを使用すること、高周波での測定において測定結果に与えるケーブルの影響を最小限に抑えることが可能です。

スイープ機能

周波数、電圧、電流といったパラメータをスイープさせその結果をディスプレイに表示することが可能です。今までPC上で行っていた作業がLCRメータ本体で確認できるため、被測定物の特性を現場で容易に確認することができ、試験の効率が上がります。また最大401ポイントに対応しているため、詳細な評価を行えます

様々な測定パラメータ

L/C/R/Z/Y/Q/D/θの他にDCRの測定が可能です。これにより今まで別の測定器で測定していたDCRの測定も、本LCRメータ1台で対応が可能です。


製品お問合せ

当社のウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。
べてのチェックボックスを選択していただき、下記の「お問合せカートに入れる」をクリックしてください。
右側の「お問合せカート」をクリックして、次のステップへお進みください。

仕様は予告なく変更される事があります。
選択
型番
詳細

高周波LCRメータ 1kHz ~ 10MHz

高周波LCRメータ 60Hz ~ 5MHz

高周波LCRメータ 75kHz ~ 30MHz

四端子SMDテストフィクスチャ

バイアス電流源 0~5A

接続用治具

バイアス電流保護ボックス

バイアス電流源 0~20A

テストフィクスチャ (DIP)

テストケーブル (1m)

GPIBインターフェース

LANおよびUSB-Hインターフェース

自動化用テストケーブル(1m) (BNC to SMA)